アルバイトなんてやめて、パパ活1本でラクに稼ぎたい女達の体験談を大公開します。

りあるパパ活女子の奮闘記

体験談

女性の登録は無料!?アプリ内だけで連絡できちゃう安心パパ活

更新日:

若者だけではなく、30歳でもパパ活できます。いつも通り何気なくFacebookを開いていた時のこと、そこに出てきた広告、それが「パパ活アプリ」でした。

最近のパパ活は連絡先を交換しなくてもアプリ内で連絡取り合える、といい条件ばかりだったので興味本位でアプリ登録しました。

本人確認のため免許証などをサイトにおくったりすることは少し手間でしたが、それはそれで 安心もしました。

登録して分かったことはパパ活をしている男性は皆様、お金と時間に余裕がある、ということでした。年収を書く場所がありそこは1000万以上が当たり前 。

こちらからは女性の掲載ページが見られないため、男性のサイトのみが表示され、どの男性もスーツをビジッときめている写真の方が多いため何となく安心できました。

早速気になる男性に「いいね 」ボタンを押しました。相手側も「いいね」を返してくれると連絡ができる仕組みになっているため、こちら側が連絡したくない、と思った人には「いいね 」を押さなければよいのでとても良質なサービスだな、と思って利用していました。

お互いのいいね、が成立するとメッセージが始まります。

「条件はなんですか?」と必ずと言っていいほど男性は言ってくるのです。

条件とは?それはお茶をするのか、ランチなのか、ディナーなのか、はたまた大人な関係なのか、どこまでなら可能でそれがいくらなのか、というものでした。

相場がわからないため、初めのうちは逆に男性側に私は聞くことが多かったです。

メッセージのやり取りで最初から大人の関係のみの方はお断りしていましたがそうでない方も多かったので、50代男性の趣味があいそうな方とおあいすることにしました。

条件はディナー。1万円でディナー代金はあちらもち、という条件でお会いすることが決まりました。

パパ活の待ち合わせはディナーで高級レストラン!

待ち合わせは高級レストランの入ったホテルのロビーで…

高級レストランの入ったホテルロビーで待ち合わせでした。

お互い着いた後に今日の服装の特徴を知らせ、会うことができました。簡単に挨拶を済ませ予約して頂いたレストランへ行きました。

サイトには喫煙者なのか禁煙者なのか、お酒は飲むのか、などの質問もあり、お互いが理解した上で会うことが出来ます。

私はお酒があまり強くないので強い方に進められすぎるのは困ってしまうのでそういった所も判断基準になっていました。

レストランの内容は自分では決して頼めないような高級なものばかりで思わず何度も何度も「美味しいですー!」と言ってしまいました。逆にその反応が男性側には新鮮なようでとても楽しんでいただけたようです。

私も高級な食事ができたし、相手も普段の仕事とは違う新鮮な感じが味わえた、といってくれていました。レストラン食事後に小さな封筒が渡され、「今日のお礼です」ととてもスマートにお礼を渡して頂き帰りました。

帰り際には楽しかったのでぜひまたお会いしたい、ということも話しました。またサイト内での名前で呼び合うためお互いに名前は知ることがなくとても不思議な関係ですがそこもまた魅力です。

その方とは趣味があったためスポーツ観戦もいきました。もちろんチケットは購入して頂けるので購入していただき、一緒にいき、ご飯を食べ、お礼をもらう、というスタンスになっています。

パパ活は危ない、ということを言う人もいますが、自身でしっかりと見極めることができればとても安全で効率よくいい出会いができると思っています。 

私はアプリを利用したのでそこもよかったと思っています。今では安心して連絡できるのでLINEを交換して私は連絡していますが交換しなくてもアプリ内だけで連絡し合う人もいるそうです。

私はこれからも関係性を続けていくつもりです。

-体験談

Copyright© りあるパパ活女子の奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.